7/26の特別ゲストは... ?

2021年04月18日

7/26日の特別ゲストは...!


「ブロードウェイ女優から学ぶ
レッスンで使える米国手話講座」
〜オンラインでも発表会でも大活躍〜


劇団四季出身、現在はNYで活躍する


女優の撫佐仁美さんが特別ゲスト


スペシャルナイトです。


本場のプロの歌声と


麗しい表現力に魅了されながら


共に米国手話ASL:American Sign Languageに挑戦しましょう。



後半は「自分に向き合う力」と題して、


厳しい舞台の世界で役を掴み取ってきた


撫佐さんのストーリーから、


指導者として学べることは何かを共に探る会です。


手話で用いる曲はベストセラー絵本が原作の


「Poupelle of Chimney Town」


撫佐さんは来年オフブロードウェイで公演予定の


当ミュージカルの振り付けを担当されています。


テーマ曲
https://www.youtube.com/watch?v=iVHh92XEUIk
ダンス映像

ーーーーーーーーーーーーーーー

ブロードウェイ女優から学ぶ
レッスンで使える米国手話講座 
〜オンラインでも発表会でも大活躍〜


7/26(日) 21:00-22:00 Zoomにて開催
ログイン  20:45から  ミーティング開始5分前にはログインをお済ませください
参加費: 3500円 
全額をNYオフブロードウェイミュージカル 
Poupelle of Chimney Townの運営資金に寄付します。


ーーーーーーーーーーーーーーー

◆お申し込みの前にご確認ください!

支払い情報はフォームを送信すると現れます。


お支払いはみずほ銀行振り込みとpaypalをご利用いただけます。

◆paypalのアカウントをお持ちでない場合は、先にアカウント登録してからフォームお申し込みすることをお勧めします。

https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/personal/how-to-signup-personal

(住所、電話番号とメールアドレスとクレジットカード番号が必要です。)


◆7/26手話イベントお申し込みはこちらから。

https://forms.gle/ZgZQxuUTdGFpkaai6


ーーーーーーーーーーーーーーー

撫佐仁美 Musa Hitomiさんバイオグラフィー


ニューヨークを拠点に活動するミュージカル俳優/振付師。元劇団四季所属。
日本では、「キャッツ」、「ウェストサイドストーリー」、「春のめざめ」、「マンマミーア」に出演した後、2013年に拠点をNYに移し、米国では、「コーラスライン」コニー役、「アベニューQ」クリスマスイブ役、「ミス・サイゴン」など、オフブロードウェイの新作ミュージカルを含め、数々の舞台に出演し、振付も手がけている。
昨年末は、チャリーブラウンクリスマスミュージカルの全米ツアーでスヌーピー役を演じ、今年は、西野亮廣作、『えんとつ町のプペル』を原作とした、新作オフ・ブロードウェイミュージカル"Poupelle of Chimney Town"の振付をすることが決まっている。


挑戦する力


劇団四季での安定した役者生活を捨て、


単身NYに渡り、


数々の活躍の舞台を手にしてきたMusaさん。


けれども、何をしてもうまくいかない、


そんな打ちのめされる日々が続いたことがあったそうです。


狭き門のオーディションを通っても


visaや英語の発音を理由に役をキャンセルされたり、


念願の役を掴みとっても


プロダクション自体がなくなってしまうことも。


ところが2019年、


念願のコーラスライン のコニー役を


最後までやり遂げてから、


やっと自分の人生が回ってきた気がします、


そうおっしゃいます。



その言葉の通り、


2020年はいくつもの大きな仕事で


既に年間予定が埋まっていたMusaさん。


そんな、


長年の努力の積み重ねが花開いた、


まさにこれから、という矢先に


コロナウィルス の影響で


空白の時間が訪れました。


アメリカに来て7年目。


世界一厳しいと言われるNYの舞台シーンで


諦めずに自分と向き合ってきた


その軌跡に


耳を傾けたいと思います。



指導者である私たちが

Musaさんから学ぶべきポイントはここ


  • Musaさんも我々も「伝える」「表現する」を生業にしている
  • 女優は自分が「売り物」 では先生は?
  • 自分の考えを実行にうつす人の資質とは?
  • 挑戦することで広がる世界とは?


Poupelle of Chimney Townを教材に




すでにご存知の先生もいらっしゃると思いますが、

お笑い芸人で絵本作家である

西野亮廣氏のベストセラー絵本「えんとつ町のプペル」は

なんと全編インターネットで無料公開しています。

それも日本語と英語まで。(涙)

以下のサイトで「原作絵本」をクリックすると、

日本語、英語両方でお楽しみいただけます。

https://poupelle.com/


さらに、絵本自体も日本語と英語の両表記(涙涙)

https://lineblog.me/nishino/archives/9258663.html


そして画像も動画も音声も

全て

著作権フリー。(涙涙涙)


この時代、涙が出るほど嬉しい素材です。

せっかくみんなが頑張った発表会の映像が

著作権の都合でYoutubeでシェアできない(涙)

残念な思いをされた先生は

私だけではないと思います。


さらに、プペルの持つ普遍的なメッセージと世界観は

多くの生徒の教材として

とても優れたものであります。


本年12月には映画公開。

さらに来年はMusaさんが振り付けで携わる

NYでのミュージカル化とワクワクが続きます。

そんなスーパーホットな教材を

Musaさん本人から学べるチャンスなんです!



なぜASLなのか


スナダマリコ が

神奈川県逗子市で開いていた教室の

プレゼンテーションで

生徒たちと共に"Imagine" by John Lennon and Yoko Ohoに

米国手話ASLで2018年に挑戦したことがきっかけです。


歌だけでなく、

表情も手や体の動きも使って

伝える、

表現する、

そんな経験が今もレッスンに、

そして生徒たちの伝える力につながっています。


2019年4月、

転勤になったアメリカのヒューストンから

日本の生徒にオンラインで英語のレッスンをする私は

一体感やチームワーク、貢献をキーワードにしてるんですね。


zoomのレッスンで

「つながり感」に悩んでいる先生、

ASLは「ミュート」でもみんなで体と表情で歌える、

最高の教材です。


「もう一度ASLでできる歌はないか?」と

探し始めたそんな時に

プペルのテーマソングを

ASLでやっているMusaさんを見つけた時は

女神に見えました。

運命です。


まな部にご参加いただいている先生ご本人が

一人一人の生徒さんに

絵本や歌や映画やミュージカルと共に

キラキラの夢を届けられる、

そんなドキドキを一緒に味わいたいなぁと思います。

本日もお付き合いいただきましてありがとうございました。

ぜひ早めにお申し込みくださいね!


砂田真理子拝


  ◆一つ前の記事を読む  ◆このブログのトップに戻る   ◆次の記事を読む 

◆ブログホーム  ◆つながるまなびeducators' studioホーム ◆このメルマガに登録する