Please take it seriously...

2021年04月25日

Please take it seriously...

多くのみなさんはTake what seriously?

と聞きたくなりませんか?

Take Covid-19 seriously,です。


え、「コロナウィルス を深刻に捉えて」って

まだこんな当たり前のことを

ニュースでしょっちゅう訴えなければいけない日常に

心底うんざりしますが...

元気にやっています!

ヒューストンのスナダマリコ です。


なんで元気にやれているかというと...

そう、家族と生徒さん&ご家族の皆さん、

ゆーこちゃん、

まな部の皆様、

そして周りの人々のおかげです。

家から出るにも、めちゃ気合の要る、ここヒューストンでも、

張り合いを持って毎日生活できることを

心から感謝しています。


「まな部」キックオフしました!


12日の「まな部」キックオフミーティングには

お申し込みをたくさん頂戴し、

あっというまの1時間ではありましたが、

北海道から九州、そしてドイツまで、

たくさんの先生方とつながることができました!


まな部の活動としては、

最初の一歩で、

まだまだこれから。

Facebookに弱い私とユーコちゃんは

時差/時計と睨めっこしながら

二人でpc、スマホでテストをして

実験中。


そんな試行錯誤の日々ですが、

早速ChibaのShikama先生から

FB関連でお気遣いあふれるアドバイスを頂いて

それが温かい優しさだったので

またシェアさせて頂きたいなと思います。

Shikama先生、ありがとうございます❤️


そう、キックオフは参加できなかったけれど、

Facebookに参加したいです、という先生、こちらから申請してくださいね。

https://www.facebook.com/groups/2633561440304183/?ref=share


本来ならば、

日曜のキックオフのご報告をしたいのですが、

今日は女優のMusa Hitomiさん in NYと

映像編集なども含め、ビッチリ打ち合わせ。

ユーコちゃんと3人で、日にちをまたいで

詳細を詰めています。


とにかく、

オンラインでも、教室でも

はたまた

オンラインx教室を同時開催される先生にも

これ、使える!便利!と喜んで頂ける様な

講座、教材をご提供できる様に

絶賛準備中です。


Musa Hitomiさんとの「まな部」コラボ企画

参加申し込みはこちらから


だって、先生方、

通常よりもコロナウィルス 対策で

準備や対応で負荷が高い日々をお過ごし。


先生同士で共有できるものは出来るだけシェアして

一人一人の負荷は減らしながらも、

逆にみんなでつながれる

一体感を味わう体験に昇華すれば、

私たち指導者だけでなく

生徒たちのエネルギーにもなる。

そんな場や機会をお届けしたいと準備していいます。


本当のネタは


さて、今回は

結局「何ネタなの?」と混乱する始まり方ですが、

我が家の三姉妹が通う「独立学区」から

メールが夕方に来たので

速報でお届け。


8月12日から始まる来年度の授業ですが、

テキサス州のFort Bend ISD (Independent School District)では

100%オンライン授業で開始することが決定しました。

この決定になるまで

色々、

州や国のマジわけわからん介入があったのですが

(ここも掘り下げたいネタたっぷり)

どう考えても学校に子供は送り出せない状況です。

先生だって学校に安心して行けませんから。


ちなみに『スーパーコミュニケーター』と題した

前回6/30 のメルマガから

本日7/14の二週間の間に

6回も状況アップデートのメールが来ていました。

さすが、デュプレ氏。


以下が先ほど届いたメール内容です。

I know that many of our families are anxiously awaiting information on the start of the school year, so I am writing with a brief update following last night's meeting with the Fort Bend ISD Board of Trustees. After careful consideration of many factors, last night, we shared our plan to start the school year 100% online on August 12 to best protect the well-being of our students and staff. At this time, we do not know how long we will need to be online, but you can trust that we will have systems in place to provide a robust online program with both synchronous and asynchronous learning.


様々な要因を考慮に入れまして、8月12日からの新年度を100%オンライン授業で開始する計画であることを昨晩(評議委員会で)お伝えしました。これは生徒と教員やスタッフの健康を守ることを第一に考えてのことです。(太字部分)


デマ化と薄まる真実


コロナウィルス をhoax (デマ)と

言い張る人がいる国では

morgue(死体安置所)が足りなくて、

応急処置のための

冷凍トラックが病院の脇に列を作ってに並んでいます...。


ヒューストンは

全米一の医療都市です。

近所や知り合い、お友達もお医者さんや医療関係の人がたくさん。

全米一ということは

ほぼ間違いなく世界一の医療都市なんです。


NASAもあるし、エキサイティングなんです。

山もなくて平らで、自然、という点で見ると寂しいですが。


そんなヒューストンで

ベッドが足りない。

キャパがないため、

救急患者を受け入れない様にと、

救急スタッフに連絡が入っているそうです...。


さらに懸念されるのは

情報操作。

フロリダの感染者数や

感染の大きい老人ホーム内での数字など、

国の命令がないので

公開されていなかったり、

一部ではやりたいことが許される状態です。


そんなめちゃくちゃな中、

さらにalarmingなニュースが。


(先週もまたしても米国司法が地に落ちた!という事件があったのですが

カバーしきれません。香港のこともあるしね。でも

気になる方は見てくださいね)

https://www.youtube.com/watch?v=wjAdY_H9qbc


タイトルの下に貼り付けた写真にもありますが、


The administration orders hospitals to bypass the C.D.C. with key virus data, alarming health experts.

(政府は7/15から、)各病院に、コロナウィルス 関連のデータをCDC(Centers for Disease Control and Prevention)を通さず、直接ワシントンのH.H.S(Health and Human Services)に送る様に命令した。

(New York TIMESの7/14本日夕方の記事)

専門家は、データが歪曲される危険が高まっていると警告しています。


実際に、テキサスでも、大きい病院は州のトップから、

コロナウィルス情報をホームページで独自に開示しない様に

電話がかかってきているとの報告もあります。


日本も大雨で大変な地域の皆様がいらっしゃいます。

心から復興をお祈りしております。


スナダマリコ 拝

  ◆一つ前の記事を読む  ◆このブログのトップに戻る   ◆次の記事を読む 

◆ブログホーム  ◆つながるまなびeducators' studioホーム ◆このメルマガに登録する